【沖縄観光情報】お得なローカルフードがたくさん!お土産を買うなら『ご当地スーパー』がおすすめ(沖縄県)

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

今日もたぶろぐ(@sawa_tablog)をお読みいただきありがとうございます。

さわ
ANAの上級会員になるための修行として、毎週のように沖縄に行っていました。毎週のように行っていると、さすがに出費が増えるので、節約できるところは節約したいところです。

というところで真っ先に思いついたのが『お土産』でした。

お土産は、空港の売店でも買うことはできますが、どうしても高いんですよね。で調べてみたら、どうやら沖縄にはご当地スーパーがいくつかあって、そこではうちなーんちゅ(沖縄の地元の人のこと)も御用達のものがいくつもあって、お土産にピッタリそう!

ということで今回は沖縄のご当地スーパーと、そこで買うとどれだけお得に買えるかをご紹介したいと思います!

どれも実際に僕が買ってきたものです!

【沖縄観光情報】お得なローカルフードがたくさん!お土産を買うなら『ご当地スーパー』がおすすめ(沖縄県)

どんなご当地スーパーがあるのか

ここではまず、沖縄にどのようなご当地スーパーがあるのか、からご紹介していきます。ガイドブックにも載っているような有名チェーン店が3つあります。

ユニオン

ユニオンまずご紹介するのは『ユニオン』です。

那覇市内4店舗を含む、全19店舗あり、「今あいてます」「ユニオンですから」を店舗イメージとし、県内で初めて年中無休・24時間営業を始めたスーパーとして有名で、店内で流れているCMソングは一度聴くと頭から離れないほど中毒性があります。

このCMソングはCD発売もされていて、なんとカラオケでも歌えるそうです!

そんなCMソング気になりますよね⁉︎聞きたくなりますよね⁉︎

今は便利な時代なので、わざわざ沖縄まで行かなくても

YouTubeなどで簡単に聞くことができます!

あ、でもこの記事はぜひ最後まで読んで欲しいので

YouTubeに行くのはもうちょっと待っててくださいね。

タウンプラザかねひで

かねひで次にご紹介するのは『タウンプラザかねひで』です。

那覇市内12店舗を含む本島60店舗、さらに宮古島と石垣島にも1店舗ずつあります。

特徴としては、2021年4月から、沖縄のスーパーマーケットで初めて楽天ポイントカードを使えるようになり、楽天ポイントを貯めることができるようになりました。

また、オリジナルビール『麦曜日』が売られていたり、店舗で作っている沖縄料理のお弁当が美味しかったりと地域密着型のスーパーです。

かねひでオリジナルビール▲『麦曜日』とてもさっぱりした飲み口で美味いだけでなく、1缶100円以下というコスパの良さも最高です。

沖縄お弁当

沖縄お弁当▲かねひでのお弁当には修行中とてもお世話になりました(笑)

初めて食べた「グルクン」も絶品。

サンエー

サンエー最後にご紹介するのが『サンエー』です。

小売の70店舗のほか、10店舗以上の外食レストラン、家電の「エディオン」やドラッグストアの「マツモトキヨシ」、さらにはコンビニエンスストアの「ローソン沖縄」など幅広く業務展開しているスーパーです。

お土産コーナー▲店内にわかりやすくお土産コーナーがあるので迷わず買い物ができます。

おもろまち▲ゆいレール「おもろまち」駅から徒歩5分の場所にある「那覇メインプレイス」は映画館やエディオン、東急ハンズなど様々な店舗が入っている大きなショッピングモールのような場所で、中にスーパーも入っています。

お土産コーナー

お土産コーナー

お土産コーナー

お土産コーナー

お土産コーナー▲メインプレイスのサンエーは特に凄くて、ここで沖縄のお土産全部揃うといっても過言ではないくらいの品揃えでした。

しかもそれがスーパー価格で買えるのはかなりすごいと思います!

お土産コーナー▲泡盛などのお酒類も豊富

3コインズ▲サンエーではないのですが、メインプレイス内にある「3COINS」で沖縄限定のグッズを買うことができます。

こちらもお土産にいいのではないでしょうか。

どれだけお得に買い物できる?

さて、ここまで沖縄のご当地スーパーを3つご紹介しました。

ここからは実際にスーパーで買い物する場合と、空港のお土産屋で買い物する場合の販売価格を比較しながら、どれだけお得に買い物できるかを見ていこうと思います。

『沖縄そば』

まずは定番の『沖縄そば』から比べてみましょう。

空港の沖縄セット▲空港のお土産屋には様々な種類の沖縄そばが並んでいます。

物にもよりますが、

半生麺の4食セットで1,296円(税込)

三枚肉が入った物だと2食セットで1,080円(税込)

と1,000円は超えてきます。

これにソーキを別で買うとなると2,000円は超えてしまいます。

沖縄そばセット▲では、これをスーパーで買うと一体いくらくらいになるのかというと、

左のだし付沖縄そばが2食セットで121円(税込)

右のらふてぃが257円(税込)

なので400円少々で買えてしまいます。らふてぃを2個買ったとしても700円ほどなので空港の半額以下で買うことができます。

『ジーマーミ豆腐』

次は落花生を使った沖縄グルメ『ジーマーミ豆腐』で比べてみます。

空港のジーマーミ豆腐▲空港のお土産屋で売られているものを見てみると

2個入りで496円(税込)だったり3個入りで648円(税込)だったりなので大体1個あたり200〜250円くらいのイメージです。

じーまみどうふ▲これがスーパーでは一体いくらで売られているのかというと

4個入りで298円(税込)です。1個あたり75円くらいで、こちらも空港の半額以下で買うことができます。

『タコライス』

沖縄グルメでぜひ食べておきたい『タコライス』を簡単に作ることができるタコスミートもお土産におすすめです。

タコライス▲空港のお土産屋では

2食入りで540〜580円(税込)で売られています。

タコライス▲これがスーパーだと2食入りで188円(税込)と約1/3の値段で買うことができます。

スーパーならではの品物も

地元の人が使うスーパーだからこそ売られている商品も多数あります。

おぎこのチキンラーメン▲パッケージに惹かれて思わず買ってしまったインスタントラーメンは4個入りで127円(税込)

朝食にパンも

お土産にはちょっとむいていないかもしれませんが、沖縄独自のパンもスーパーで買うことができます。

朝はパン派(どうでもいい情報)の僕としては、ご当地パンは食べてみたくなるんですよね。

なかよしパン▲沖縄県民なら食べたことがない人はいない!とまで言われている、ぐしけんパンの「なかよしパン」

ココア生地のパンにクリームが挟まっていて、とてもおいしかったです。

ゼブラパン▲個人的に大当たりだったのがこれ、オキコパンの「ゼブラパン」です。パンの間にピーナッツクリームと黒糖が挟まっているパンで、そのハイカロリーぶりも有名らしいです。

まとめ

ということで今回はお得に沖縄土産を買うことができる、ご当地スーパーの魅力についてご紹介しました。

同じ金額をお土産代に使うなら、空港でちょっとしか買えないよりスーパーでいっぱい買える方がいいですよね?

値段が安いからと行って、質が悪いということでは決してありません。

むしろ、地元の人も通うスーパーで売られているということは、うちなーんちゅも納得の味だということもできます。

お手頃な値段出で他の人と被らないようなお土産を買うこともできるなら、一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

ちなみに

時間がなくてスーパーで買えなかった…。

高いけど空港のお土産屋で買うしかないか…。

となってしまった方、諦めるのはまだ早いです!

空港の中にはファミリーマートやローソンといったコンビニがあります。

さすがに、スーパーほどではないですが、お土産屋よりは安い値段で色々売っているので、見てみることをおすすめします!

ファミリーマート▲ファミリーマート

さて、ここまで読んでくださってありがとうございました!

もう待ちきれなくなってますよね?

それでは、思う存分ユニオンのBGMを楽しんでください〜!

口ずさんでしまうこと間違いなしです!

沖縄旅行に持っていきたい本

この記事はこちらのアプリを使って書きました

するぷろ EX for WordPress

するぷろ EX for WordPress
開発元:Gachatech
無料
posted withアプリーチ
するぷろーら X

するぷろーら X
開発元:Gachatech
¥610
posted withアプリーチ