【旅日記】新千歳から台北へ!機材変更が残念だった1日目(2019年9月台湾旅行記その1)

スポンサーリンク

今日もたぶろぐ(@sawa_tablog)をお読み頂きありがとうございます。

さわ
2019年9月、少し遅めの夏休みを使って1人で台湾へ!5日間の行程で台北から高雄まで南北を縦断してきました。

まずは備忘録として5日間のそれぞれの流れを記事にしていきます。

今回は1日目です。

【旅日記】新千歳から台北へ!機材変更が残念だった1日目(2019年9月台湾旅行記その1)

地震の影響でほとんどのお店が営業できていない新千歳空港

今回の旅行は2018年9月13日~17日の5日間の行程だったのですが、その1週間前の2018年9月6日午前3時過ぎに『北海道胆振東部地震』が発生しました。

僕が住んでいた地域は震度5強の揺れでかなり揺れたのですが、幸い大きな被害もなく2日間の停電だけで済みました。

地震直後の慌ただしい中での出発でした。

▲新千歳空港はほとんどのテナントが営業することができず、また利用者も激減していたためとても閑散としていました。

▲唯一、営業していたお土産屋。それでもチョコレートなどは保存ができなかったからか品切れ

▲フードコートや、映画館・温泉施設などは今もまだ一部営業再開できていないそうです。

▲ちょうどこの日は国土交通大臣が被災地視察に来る日だったようで、マスコミやら関係者が多くいました。

▲食事をする場所も営業していないので『空弁』

▲これはこれで とても美味しかった。

▲普段であれば、インバウンドのお客様で大混雑の国際線ターミナルもこんな感じで閑散としていました。

地震の影響で新千歳と韓国を結ぶフライトは大規模なフライトキャンセルが続いています。

▲免税店やラウンジ・フードコートも営業中止。

チャイナエアライン(CI)131便で台北へ

▲今回利用したのはチャイナエアラインです。

新千歳⇄台北間は他に、エバー航空・スクート・peachが就航しています。

その中でチャイナエアラインは唯一台北だけでなく高雄にも就航しているので、行きは台北・帰りは高雄などのアレンジができます。

▲行きは背伸びをしてビジネスクラスに。

▲どんだけ足を伸ばしても前には届かない。シャンパンを飲みながら優雅な空の旅です。

▲機内食も豪華!

▲ゆっくりと休めるゆったりとしたシート。

急な機材変更のせいで少し古い機材に変わってしまったものの、さすがはビジネスクラス!台北までの約4時間とても快適でした!詳しくは改めて別記事にまとめます。

台湾滞在中は現地SIMが安くて楽々

▲台北の桃園空港に到着。入国審査に1時間ほど並びました。

▲到着ロビーに出ると写真のような感じでツアー会社が看板を持って待っています。

▲めちゃくちゃ広い。

▲とりあえず必要最低限の分だけ両替。

▲今回は台湾でプリペイドSIMカードを購入し、旅行中ずっと使っていました。

▲詳しくは別記事を書きますが、5日間1000円ちょっとでモバイル通信し放題です。通話もできますが電話番号変わるしあまり使える額も多くないです。

が、LINEなどであれば通信し放題なので特に問題はないでしょう。

▲桃園空港から台北市内までは約1時間ほど。

ホテル到着後、早速夜市へ!

▲ホテルに到着したのが夜21時頃。夜ご飯を食べておらず、お腹も空いたので早速夜市へ繰り出します。

▲こういうのを見るとアジアに来たと感じます。

▲大好きなルーローハンと台湾ビールで早速!

▲こちらは排骨肉(だったかな…?)甘辛い味付けの骨つき肉で、これもまたビールが進みます。

▲別のお店ではデザートの『豆花』を。

豆腐のプリンとピーナツ・タピオカが入っていて、決して甘すぎない適度な甘さでとても美味しかったです。

1泊目は『グリーンワールド建北』

今回の旅行は色々なホテルを知るために毎日ホテルを変えました。

1泊目は『グリーンワールド建北』です。

こちらも詳細は別記事で纏めますが、今回の旅行で滞在したホテルの中で1番お気に入りのホテルです!

▲比較的新しいのでキレイな客室

▲お風呂はシャワーとバスタブが別々、トイレもウォシュレット付きです!

▲バスタブにテレビが付いてます!

1日目まとめ

ということで、台湾旅行1日目の様子をお伝えしました!

1日目は移動がメインでしたが、ビジネスクラスでの移動と夜市で台湾グルメを味わうこともできたので大満足の1日でした。

翌日からは、朝から晩まで予定が詰まりっぱなしの日々が始まります(笑)

台湾旅行に行きたい人におすすめの本

この記事はこちらのアプリを使って書きました。

するぷろ X for WordPress & MT

1,600円
(2018.09.29時点)
posted with ポチレバ