【宿泊記】憧れのオールインクルーシブで極上のホテルステイを!『クラブメッド北海道トマム』宿泊記(北海道 トマム)

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

今日もたぶろぐ(@sawa_tablog)をお読みいただきありがとうございます。

さわ
滞在中のアクティビティ・食事・ドリンクが宿泊代金に含まれているオールインクルーシブリゾート『クラブメッド北海道トマム』に宿泊してきたのでご紹介します!

『クラブメッド北海道トマム』は2018年にグランドオープンしたオールインクルーシブリゾートです。

クラブメッドは世界24ヵ国約70カ所に展開しているリゾートグループで、日本ではトマムの他にサホロと沖縄・石垣島にあります。

クラブメッドの特徴はなんといってもオールインクルーシブなので現地での支払いを気にする事なくリゾートライフを満喫できるところです。

オールインクルーシブとは
滞在中の食事・アルコール類を含む飲料・各種エンターテイメント・アクティビティプログラムが宿泊代金にあらかじめ組み込まれたシステムのことです。

1泊2日でオールインクルーシブを満喫してきたので、写真多めで紹介していきます!

【宿泊記】憧れのオールインクルーシブで極上のホテルステイを!『クラブメッド北海道トマム』宿泊記(北海道 トマム)

『クラブメッド北海道トマム』の場所

ホテル外観

住所 〒079-2204 北海道勇払郡占冠村中トマム
電話番号 0120-790-863
チェックイン時間 15:00
チェックアウト時間 10:00
交通アクセス JRトマム駅から車で約10分

『クラブメッド北海道トマム』へのアクセス方法

『クラブメッド北海道トマム』の周辺には、隣接する『星野リゾート』の他には本当に何もありません。

トマム駅▲トマム駅は無人駅、駅前にコンビニなどのお店は一切ないので必要なものは事前に買っておく必要があります。

送迎バス▲事前に利用する列車を伝えておくと、クラブメッドの送迎バスが迎えに来てくれます。駅からホテルまで歩ける距離ではないので、列車で行く際は必ず送迎をお願いするようにしましょう。

『クラブメッド北海道トマム』の館内紹介

フロント・ロビー

ロビー▲クラブメッドは世界的に展開していることもあって、海外からのお客様も多いです。そのためフロントやロビーもインバウンド客を意識してか和モダンな雰囲気にまとめられています。

ルームキー▲こちらがルームキー。基本的にはオールインクルーシブですが、別途料金が必要なアクティビティや飲み物・お土産を購入する際はこちらを使い、チェックアウト時に精算する仕組みになっています。

チェックインの際にはウェルカムドリンクを飲みながら、GOと呼ばれるホテルスタッフに滞在中の注意事項などを説明してもらいます。ホテルスタッフは外国人が多いので、海外旅行気分も味わえます。

メインレストラン『ITARA』

チェックインを済ませ、早速メインレストランへ。

ランチタイムは終了していましたが、遅い昼食(14:00-15:30)の営業をしていたので1食目をいただきます。

レストランメニュー▲こちらがメニュー。北海道産の食材が使われています。

レストラン▲レストラン内はこんな感じ。

前菜▲こちらがスープカレーと鶏肉丼

メイン▲メインのハンバーガー。どれもかなりのボリュームです!

デザート▲デザートのソフトクリームもこの大きさ。

夕食

レストラン

レストラン

レストラン▲世界各国の料理コーナーが並んでいます。

ディナー▲和食

ディナー▲洋食

メインバー『UNKAI』

レストランの隣にあるメインバー『UNKAI』

夜のエンターテイメントショーはもちろん、日中もゆっくり過ごすことができます。

最近流行り(?)のワーケーションにもいいスポットです。

メインバー

メインバー

メインバー▲日中も飲み物を頼めます。もちろんノンアルコールドリンクも用意されています。

クラブメッド

クラブメッド▲屋外にはテラス席も。

メインバー

メインバー

メインバー▲夜のショーはこどもから大人まで楽しめるプログラムでとても盛り上がっていました!

アクティビティ

お土産屋さん▲お土産屋。オリジナルグッズなど様々売られています。

ジム

ジム▲最新設備の整ったトレーニングルーム

アクティビティ▲宿泊日のアクティビティプログラム。朝8時から様々なプログラムが開催されています。

アーチェリー▲アーチェリーも家族で楽しめます。

空中ブランコ▲この日は残念ながら天気が悪く不催行だった空中ブランコ。

キッズスペース

キッズスペース

プログラム

プログラム▲託児所もあるので大人だけで少し楽しむこともできます、もちろん家族で楽しめるプログラムも充実しています。

スキールーム

スキールーム▲冬はスキーリゾートとしても有名なので、各部屋に1つスキーロッカーを完備。ホテルを出るとすぐリフトに乗ることができます。

『クラブメッド北海道トマム』の客室紹介

今回は宿泊した部屋も含めて2タイプのお部屋を見学させてもらえたのでご紹介します。

客室/スーペリアクワッド(38㎡)

まずご紹介するのは今回宿泊した『スーペリアクワッド』のお部屋です。

スーペリアクワッド▲キングベッドが1台のお部屋。ツインタイプのお部屋もあります。

スーペリアクワッド▲ソファベッドを展開すると3名1室での利用可能

スーペリアクワッド▲バスルーム

スーペリアクワッド▲バスタブはかなり大きく造られているので、背の高いかたでもゆっくり寛げるかと思います。

スーペリアクワッド▲ミニバーは必要最低限。

スーペリアクワッド

スーペリアクワッド▲収納スペースもかなり広々としているので、荷物が多くても安心です。

客室/スイートクイント(72㎡)

こちら宿泊はしていないのですが、お部屋を見学させてもらえたのでご紹介します。

スイートクイント▲スイートクイントはメゾネットタイプのお部屋になっています。

スイートクイント▲1階部分に関してはスーペリアクワッドとほぼ同じ造りです。

スイートクイント▲こちらは1階のバスルーム。洗面台が2つあるのは女性同士でも使いやすいのではないでしょうか。

スイートクイント▲階段を上がって2階へ

スイートクイント▲2階のリビングルーム

スイートクイント▲リビングの奥にベッドルームとバスルームがあります。

スイートクイント▲2階のベッドルーム

スイートクイント▲2階にもちゃんとしたバスルームがあります。

スイートクイント▲ミニバー

スイートクイント▲スイートクイントのお部屋は朝食をルームサービスにすることもできます。

プール・温泉

『クラブメッド北海道トマム』内には残念ながらプーや温泉施設はないのですが、隣接する星野リゾートトマムが運営する『ミナミナビーチ』『木林の湯』を利用することができます。

ミナミナビーチ▲ミナミナビーチは常に30℃以上の常夏、木林の湯は露天風呂もあります。

ミナミナビーチ▲日本最大級30m×80mウェーブプールでこどもはもちろん大人も楽しめる造波プールです。

まとめ

ということで『クラブメッド北海道トマム』をご紹介しました。

チェックインからチェックアウト後の出発までずっと食べて・遊んで満喫しっぱなしなリゾートステイでした。

今回は1泊2日でしたが、正直全然足りなかったので、せっかく泊まるなら2泊以上が絶対おすすめです!実際4泊や5泊以上される方も多いそうです!

新型コロナウイルス感染症の影響でしばらくは海外旅行やクルーズ船での旅行へ行けない時期が続くと思います。

そんな中、オールインクルーシブリゾート『クラブメッド北海道トマム』で少しでも非日常を味わうのはいかがでしょうか。

▼Instagramでも紹介しています▼

北海道旅行を考えているあなたにオススメの本

この記事はこちらのアプリを使って書きました

するぷろ X for WordPress & MT

するぷろ X for WordPress & MT
開発元:Gachatech
¥1,600
posted withアプリーチ
するぷろーら X

するぷろーら X
開発元:Gachatech
¥610
posted withアプリーチ