【SFC修行】ANAマイルとプレミアムポイントって何が違うの?貯め方・使い方を徹底解説

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

今日もたぶろぐ(@sawa_tablog)をお読みいただきありがとうございます。

さわ
2021年はANAの上級会員を目指してSFC修行をすることにしました!予算を抑えて修行達成のために色々と調べました!

前回の記事では実際に修行を達成(解脱)するために実際に予約したルートと予算をご紹介しました。

【SFC修行】SFC修行の王道路線!5月の沖縄で一気に解脱!

2021.03.28

そもそもSFC?修行?なんぞや?という方はまずこちらの記事から読んでいただけるとわかりやすいかと思います。

【SFC修行】9月まで延長!プレミアムポイント2倍!上級会員への修行するなら今が絶対おすすめ

2021.03.27

シリーズその3となる今回は上記の記事のさらに基本となる

  • マイルとプレミアムポイントの違い
  • プレミアムポイントを貯めるメリット
  • 上級会員資格を維持するには

について深掘りしてご説明していこうと思います。

【SFC修行】ANAマイルとプレミアムポイントって何が違うの?貯め方・使い方を徹底解説

『マイル』と『プレミアムポイント』の違い

飛行機画像

ANAやJALのマイレージプログラムでは、貯めたマイルを特典航空券に交換して無料で飛行機に乗るのことが醍醐味と言っても過言ではありません。

そのために飛行機に乗ったり、普段の生活でクレジットカードを使ってマイルを貯めています。

実はANAのマイレージクラブにはマイルの他に『プレミアムポイント』というポイントプログラムがあります。(JALでは『フライオンポイント』と呼ばれます。)

ここではまず『マイル』『プレミアムポイント』の違いについてご説明します。

『マイル』とは

マイルとはおそらく多くの方がイメージしている「特典航空券などに交換して無料で旅行するために頑張って貯めるもの」のことを言います。

マイルの使い道としては

  1. 特典航空券(国内線・国際線)
  2. ANAスカイコインに交換して航空券購入費用などに充てる
  3. Suicaや楽天ポイントなど様々なポイントと交換する
  4. レストランやホテルで使う
  5. ANAおすすめグッズとの交換やショッピングで使う

などが主な使い道となり、お金のように使えるということになります。

マイルを貯める方法は

  1. 国内線・国際線に搭乗してフライトマイルを貰う
  2. ANAの提携クレジットカードで決済をしてマイルを貰う
  3. ポイントサイトや日常生活で貯めたポイントをマイルに交換する

などが主な貯め方となり、飛行機に乗らなくても貯めることができるのが特徴です。

『プレミアムポイント』とは

一方、プレミアムポイントは毎年1〜12月の間にANA運航便・ANAグループ運航便・スターアライアンス加盟航空会社運航便に実際に搭乗することで、マイルとは別にもらえるポイントのことです。

マイルと違ってクレジットカード決済や他のポイントから交換などの方法で貯めることはできず、飛行機に乗ることでしか貯めることができないのが特徴です。

つまり

1年間でどれだけANAグループ・スターアライアンスの飛行機に乗ったのか

を数値化したものということができます。

特典航空券などの金銭的価値のあるものと交換できるマイルと違って、プレミアムポイントはいくら貯めても何かと交換するなどは一切できません。

また有効期限が最大3年あるマイルと違い、プレミアムポイントは毎年12月にリセットされ0に戻ってしまいます。

プレミアムポイントを貯めるメリット

ステイタス

ここまでの説明で『マイル』と『プレミアムポイント』の違いはお分かりいただけたかと思います。

では次に、金銭的な価値があるわけでもなく、毎年リセットされてしまうプレミアムポイントを貯めるメリットは何なのかをご説明していこうと思います。

プレミアムポイントを貯めると上級会員になれる

プレミアムポイント(以下PP)を貯めるメリットはこの1つに尽きます。

毎年1〜12月の間に貯めたPPに応じてその翌年のステイタスが決まります。

プレミアムポイントとステイタス
  • 0〜29999☞一般会員
  • 30000〜49999☞ブロンズ会員
  • 50000〜99999☞プラチナ会員
  • 100000〜☞ダイヤモンド会員

上述の通り、PPは毎年リセットされるので1度プラチナ会員のステイタスを獲得したとしても、翌年の獲得PPが29999以下だとその翌年はまた一般会員に戻ってしまいます。

SFCを発行して半永久的に上級会員に

SFCカード

上級会員であり続けるには、毎年たくさん飛行機に乗ってPPを貯め続けるしかないのかというと、実はPPを貯め続ける必要なしで上級会員のステータスを維持する方法があります。

それが『スーパーフライヤーズカード(以下SFC)』の発行です。

SFCを発行するには

SFCはANAのダイヤモンドまたはプラチナステイタスの会員だけが申し込みをできるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。

このカードを発行することができれば、年会費を払ってカードを保有している限り、上級会員の資格を維持することができるのです。

このSFCを発行するために50000PP/プラチナステイタス獲得を目指して飛行機に乗ることが修行と呼ばれています。

SFC修行をするなら今!

PP2倍

SFCの発行には最低でもプラチナステイタス/50000PPが必要となります。

SFC修行にかかる予算は平均40〜50万円と言われています。

一度取得したら半永久的に上級会員の資格を持ち続けられるとはいえ、50万円は誰でも気軽に使える金額ではないですよね。

そのためSFC修行は「お金に余裕のある人の高貴な遊び」のような印象でしたが、2021年春にANAが始めたキャンペーンが修行を一気に身近な存在に変えました。

今ならプレミアムポイント2倍キャンペーン実施中

2021年3月22日(月)から2021年6月30日(水)の期間中、ANAおよびANAグループ運航の国内線全路線でプレミアムポイントが2倍積算されるというキャンペーンが始まりました。

一部対象外となる運賃もあるのですが、ほとんどの運賃が対象となります。

国内線では長距離の部類に入る 羽田-那覇を例にすると、通常往復で2952PP貯まるのでこのキャンペーンで約6000PPを1往復で獲得できる計算となります。

つまり対象期間中に羽田-那覇を8往復と片道で50000PP獲得でSFC発行が可能となります。

対象運賃の最安値が往復15000円ほどだったので、10万円台前半で発行できる計算となります。

通常40〜50万円かかる修行を10万円台でできると考えると、実に熱いキャンペーンなのかがわかると思います。

さらにボーナスポイントも

新型コロナウイルス感染症に伴う運休や減便の補填として、初回搭乗時にボーナスとして3000PPをもらうことができます。

ボーナスPP

つまり実質47000PPで修行クリア、先程の羽田-那覇でいうと8往復すれば達成ということになります。

まとめ

ということで今回は

  • マイルとプレミアムポイントの違い
  • プレミアムポイントを貯めるメリット
  • 上級会員資格を維持するには

について深掘りしてご説明しました。

マイルはともかくプレミアムポイントに関してはよくわからないという方も多いかと思うのでこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

マイレージ修行に興味をもったあなたにオススメの本

この記事はこちらのアプリを使って書きました

するぷろ X for WordPress & MT
するぷろ X for WordPress & MT
開発元:Gachatech
¥1,600
posted withアプリーチ
するぷろーら X
するぷろーら X
開発元:Gachatech
¥610
posted withアプリーチ