【旅行記】日本で1番早く紅葉を楽しめる!層雲峡黒岳ロープウェイに乗って紅葉狩り(北海道 上川町)

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

今日もたぶろぐ(@sawa_tablog)をお読みいただきありがとうございます。

さわ
日本で1番早く紅葉が楽しめることで有名な層雲峡へ行ってきました。10月11日までの期間限定でオープンしていた「大雪山黒岳ネイチャーテラス」の最終営業日で晴天に恵まれた日だったのでとても混雑していましたが、ロープウェイから眺める紅葉は絶景そのものでした!

北海道の層雲峡温泉は早いところでは8月下旬から紅葉が始まり10月上旬〜中旬頃まで紅葉を楽しむことができます。また温泉の泉質もいいため、観光シーズンには道内・道外から観光客が多く訪れます。

【旅行記】日本で1番早く紅葉を楽しめる!層雲峡黒岳ロープウェイに乗って紅葉狩り(北海道 上川町)

層雲峡温泉へのアクセス

層雲峡駅

層雲峡温泉へは旭川空港から車で約1時間30分、札幌から高速道路を利用すれば約2時間30分〜3時間程で行くことができます。

紅葉を見るなら絶対おすすめ!黒岳ロープウェイ

運賃

大人(中学生以上)運賃 2400円(往復)/1400円(片道)
小人(小学生)運賃 1200円(往復)/700円(片道)
上記料金は普通運賃です。10名以上で乗車の際は団体運賃もあります。詳細は公式HPにてご確認ください。

黒岳ロープウェイ

温泉街入り口▲温泉街の入口。本当に天気がいいです。

ロープウェイ▲層雲峡駅を出ていくロープウェイ

秋の絶景▲青空と紅葉とロープウェイ

ロープウェイからの眺め①▲ロープウェイは10〜20分間隔で運転していて約100名が乗車できます。観光シーズンでは朝6時から運転しています。

ロープウェイからの眺め②

ロープウェイからの眺め③▲ロープウェイの黒岳駅がある5合目までは約7分。音声ガイドによる大雪山国立公園の説明があるので退屈しません。ちなみに説明の内容は往路と復路で異なります。

黒岳駅▲黒岳5合目にある黒岳駅

大雪山黒岳ネイチャーテラス

2020年10月11日までの期間限定で黒岳駅の屋上に『大雪山黒岳ネイチャーテラス』がオープンしていました。

ネイチャーテラスからは大雪山国立公園の絶景を360°満喫することができます。

カフェ▲黒岳駅2階にオープンしていたカフェ。ホットコーヒーなどをいただくことができます。

屋上テラスへ▲さらに屋上へあがると屋上テラスがあります。

屋上テラス

テラス▲約60㎡の屋上に北海道産のカラマツを使ったウッドデッキが作られ、ここからパノラマの絶景を楽しむことができます。

テラスからの眺め▲テラスから眼下に紅葉を眺める。青空と相まってとても絶景です。

大雪山▲裏手の大雪山の頂上はうっすら雪化粧。

粋な看板▲5合目にあるロープウェイ黒岳駅から7合目まではペアリフトで登ることができます。ロープウェイの駅からリフト乗り場へ行く途中にある看板。こういうの好きです。

リフト▲ペアリフト乗り場。今回は乗りませんでしたが、ロープウェイとリフト券をセットで購入することもできます。

紅葉▲下りのロープウェイから見えた景色。手前の紅葉と奥の雪景色、青空と全てが揃った最高の1枚を撮ることができました。

紅葉シーズン以外の層雲峡もおすすめ

氷瀑まつり

氷瀑まつり

例年1月下旬から3月にかけて層雲峡温泉街で開催される氷の祭りです。様々な氷像や氷のすべり台などが造られるほか、アクティビティで楽しむことができる冬の層雲峡を代表するイベントです。

まとめ

ということで『黒岳ロープウェイ』をご紹介しました。

残念ながら2020年の紅葉シーズンは終わってしまいましたが、2021年の紅葉シーズンはぜひ層雲峡で紅葉狩りをしてみてはいかがでしょうか。

冬にはスキーやスノーボードも楽しめますし、何より温泉街!寒い冬こそ温泉であったまるのもおすすめです。

札幌や旭川から送迎バスを出しているホテルもあるので冬道の運転が心配な方はそういったホテルを選ぶのもおすすめです。

▼野口観光のホテルは札幌から無料送迎バスが出ています。

▼Instagramでも紹介しています▼

北海道旅行を考えているあなたにオススメの本

この記事はこちらのアプリを使って書きました

するぷろ X for WordPress & MT

するぷろ X for WordPress & MT
開発元:Gachatech
¥1,600
posted withアプリーチ
するぷろーら X

するぷろーら X
開発元:Gachatech
¥610
posted withアプリーチ