【黄昏の絶景】青春18きっぷのポスターで有名な下灘駅ってどこ⁈アクセスの方法

スポンサーリンク

普段バタバタと時間に追われながら忙しく働いている方

たまには時間を気にせずのんびりとした旅行をしたくはないですか?

今年もまたこの季節が来ました。

そう『青春18きっぷ』の利用期間です。

『青春18きっぷ』とは日本全国のJR線(普通・快速列車の自由席)と一部バス・フェリーに自由に乗り降りすることができるきっぷです。

名前だけ聞くと「18歳までの青春真っ只中な若者しか使えない」と思ってしまうかもしれませんが、利用には年齢制限は一切ないのでご安心ください。

ただ利用可能期間が学生の長期休暇期間に合わせられているので、メインターゲットは学生さんなのかもしれません。

今年(2017年)の販売・利用期間はこちら

ご利用期間【春季用】・2017年3月1日~2017年4月10日【夏季用】・2017年7月20日~2017年9月10日【冬季用】・2017年12月10日~2018年1月10日利用制限期間・ありません。発売期間【春季用】・2017年2月20日~2017年3月31日【夏季用】・2017年7月1日~2017年8月31日【冬季用】・2017年12月1日~2017年12月31日

引用元:青春18きっぷ|JR北海道のおトクなきっぷ

僕も学生時代は毎年夏休みになると、青春18きっぷを使って7〜10日間ほど日本国内をふらふらしていました。

毎年発売時期になると駅にポスターが貼り出されるのですが、旅情を掻き立てられる写真とグッとくるキャッチコピーは、旅好き・鉄道好きじゃなくても旅欲をくすぐられるものでしょう。

ポスターに使われている写真だけを集めた写真集も発売されているほどです。

この本の表紙に選ばれているのが今回ご紹介する『下灘駅』です。

前置きが長くなってしまいましたが、以前どうしてもこの景色を自分の目で見たくなり実際に行って来たので、下灘駅へのアクセス方法をまとめて記事にしようと思います。

【黄昏の絶景】青春18きっぷのポスターで有名な下灘駅ってどこ⁈アクセスの方法

下灘駅(しもなだえき)とは

下灘駅はJR四国・予讃線の駅で、1日の平均乗降客数は60人程(2006年)の小さな無人駅です。

現在は線路と海の間が埋め立てられて道路になっていますが、それまではホームのすぐ下に波が打ち寄せる『日本一海に近い駅』でした。

駅の雰囲気と目の前に広がる絶景から、過去3度も青春18きっぷのポスター写真に選ばれています。

▲こちらのポスター、見てるだけで旅に出たい衝動に駆られます。

また映画やドラマのロケ地として使われることも多く、木村拓哉さん主演の『HERO』のロケでも使われました。

下灘駅への行き方

●車で行く場合

松山市内から行く場合は国道56号線と国道378号線を使って約30キロ/50分程度で下灘駅まで行けます。

●電車で行く場合

僕は行くなら電車でと決めていたので電車で行きました。

電車で行く場合は松山駅から乗り換えなしの1本で行くことができます。

運行本数があまり多くはないので、事前にしっかり時間を確認して予定を立てておくことをオススメします。

▲こちらの電車で下灘駅へ。

乗るときに驚いたのですが、ドア 手動です(笑)

さすがに閉まる時は自動だったのですが、手動ドアは初めての体験でした。

▲日が落ち始めた、景色はまるで北海道⁈

▲松山から約1時間で到着。(お兄さんの体勢が気になる…。)

▲駅舎はこんな感じ。

▲いわゆる『秘境駅』を想像していたのですが、夏休みシーズン&夕暮れ時ということもあって2-30人程の観光客が来ていてとても賑やかでした。

車で来ている方が多かったようで、日が沈み写真が撮れなくなると一気に人が減りました。

▲1時間もすると辺りはすっかり真っ暗に。

▲ローカル感満載・1両編成の電車で松山に戻って来ました。

下灘駅での美しい写真

▲哀愁を感じる一本線

▲徐々に人が少なくなって、写真も撮りやすくなった頃

まとめ

周囲に何もない駅で1時間 沈む夕日を眺めながら波の音を聞き、潮の匂いを感じる。

僕は、現地へ直接足を運び、その場の景色や匂いを五感をフル活用して感じることこそが旅の醍醐味だと思っています。

松山城や道後温泉など観光名所の多い松山から約1時間で行ける距離なので、愛媛観光の際はちょっと足を延ばして、下灘駅で黄昏てみてはいかがでしょうか。

松山・道後温泉へ行きたい人が読む本

この記事はこのアプリを使って書きました

SLPRO X for WordPress & Movable Type

1,600円
(2017.07.28時点)
posted with ポチレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です