【乗車記】観光で利用するなら経由便がおすすめ‼︎『オーロラ号』で札幌から根室へ簡単アクセス

スポンサーリンク

今日もたぶろぐ(@sawa_tablog)をお読み頂きありがとうございます。

先日、北海道最東端の街“根室”へ行ってきました。

札幌から根室へ行く場合、

  1. JRで移動
  2. バスで移動
  3. 飛行機で移動

が選択肢に上がります。

1.JRを使って釧路経由で帰る場合、トータル6時間以上かかるので中々の長旅です。

▲札幌~釧路間の特急『スーパーおおぞら』

▲釧路~根室間(花咲線)の普通列車

花咲線は車窓の景色が美しいので、一度乗車して欲しい路線ではあるのですが、札幌を午前中に出発しても根室に到着するのは夕方過ぎなので、その日はもう何もすることができず少しもったいない気がします。

3.飛行機を使う場合は新千歳から中標津まで行き、そこからバスで根室へ向かうことになりますが、

札幌⇨新千歳⇨中標津⇨根室 と乗り換えが多いのとやはり飛行機は料金が高いのがネックになります。

という訳で僕がおすすめしたいのは

2.夜行バス『オーロラ号』です!!

札幌を夜に出発すると翌朝には根室に着いているので乗り換えなどの手間もなく、例えば金曜日の夜のバスに乗れば週末をフルに満喫することだって可能です。

実際に『オーロラ号』に乗ってきたので、ご紹介していこうと思います。

高速バス『オーロラ号』で根室へ行こう‼︎

旅の始まりは大通バスセンターから

札幌市中心部から高速バスに乗る場合、乗り場は大きく2つに分けることができます。

まず1つはJRの玄関口でもある札幌駅前にある札幌駅前バスターミナルです。

▲商業施設“ESTA(エスタ)”の1階部分がバスターミナルになっています。

もう1つが札幌駅から少し離れた大通にある中央バス札幌ターミナルです。

▲北海道内の都市間高速バスのほとんどがこのターミナルを発着しています。

しかし、今回乗車する『オーロラ号』が出発するのは大通バスセンターとなっていて2つのどちらでもないので注意が必要です。

大通バスセンター発着の高速バスはオーロラ号の他に、

  • 札幌⇄せたな間の特急せたな号
  • 札幌⇄稚内間の特急はまなす号

があります。また、北海道バスが運行しているニュースター号もバスセンター前から乗車することができます。

▲こちらが大通バスセンター、中央バス札幌ターミナルのすぐ近く 地下鉄で行く場合は東西線バスセンター前駅と直結しています。

▲バスターミナル内に売店はありませんが、同じビル内に北海道ではおなじみのコンビニ『セイコーマート(通称:セコマ)』が入っているので飲み物や食べ物はここで調達するようにしましょう。

『オーロラ号』はバスセンターを出発すると翌朝の到着まで基本的に下車はできないので、買い物のチャンスはこのセコマしかありません。

バス車内はこんな感じ

バス入線

▲発車の15分前、22時15分頃にバスが入ってきました。

この日は週末ということで、直行便と中標津経由便の2便体制です。

『オーロラ号』は平日は中標津経由便のみの運行ですが、週末に限り、直行便も運行され1日2便体制になります。

直行便の運行日

金・土・日・祝祭日および祝祭日前日

▲バス側面には大きく“NEMURO”の文字が。

▲この日は直行便も運行している土曜日でしたが、僕が乗車したのは平日も運行している中標津経由便です。

観光客の利用も多いであろう週末になぜ直行便ではなく経由便を選択したのか?

実はここに『オーロラ号』のちょっとしたトラップ(?)が隠されているのです。

観光目的なら経由便がおすすめ

僕が経由便を選択したのは、なにも『直行便が満席で取れなかった…』からではありません。

根室到着後のことを考えて、あえて経由便を選択したのです。

それはなぜか…下の超簡易的な表をご覧ください。

直行便 経由便
札幌出発時間 22:30 22:30
根室到着時間 05:45 07:00

オーロラ号時刻表(平成26年4月1日)

そう、直行便は根室到着が早朝6時前と早いのです。

この時間に根室に着いてもお店などは開いておらず、時間を潰せるような場所も特にないので観光客は途方に暮れてしまうと思います。

経由便到着の7時もじゅうぶん早いですが、この1時間の差は大きいと思います。

直行便を使うのは帰省などで利用する地元の方だけでしょうね。

実際、僕が根室に住んでいた時もそうでしたので。

車内へ

▲車内は一般的な3列独立シートとなっています。

▲最後尾のみ普通の高速バスのように4列シートになっています。

▲予約の時点で事前に座席指定ができず、最後尾4列シートの窓側になりました。これ予約のタイミングなんでしょうかね〜。

この日は満席ですぐ隣にも乗客がいたため、少し窮屈でした(3列席がよかった…)。

▲バスの中央に化粧室があります。

根室に到着

▲翌朝7時、定刻通り根室に到着しました。

▲バスの終着、有磯営業所。

札幌方面行きのバスは根室駅前が始発となり有磯営業所からは乗車できないので注意が必要です。

▲有磯営業所のバス待合室の中

昔ながらのストーブがあったりとてもレトロな雰囲気です。

根室市内のバスは基本的に1時間に1本。そして18時台には最終バスになります。ほとんどの家庭に車があり、根室の街自体も決して大きくはないので問題はないのかもしれません。

まとめ

ということで夜行バス『オーロラ号』をご紹介しました。

北海道最東端の街“根室”へは約8時間半の長旅ですが、寝てれば着くのでバスがおすすめです。

強いて言うなら発着時間があと1時間遅ければ、根室到着後の行動もスムーズになるかな。

あと当然ですが、夜行バスでの移動なので身体的負担も多少はあります。それがイヤな方は無難にJRや飛行機の方が良いかと思います。

夜行バスの旅に興味がある方におすすめ

この記事はこのアプリを使って書きました。

するぷろ X for WordPress & MT

1,600円
(2018.08.04時点)
posted with ポチレバ