【搭乗記】チャイナエアライン(CI134便)で高雄から新千歳へ(2018年9月台湾旅行記その7)

スポンサーリンク

今日もたぶろぐ(@sawa_tablog)をお読み頂きありがとうございます。

さわ
2018年9月の台湾旅行 帰りは台北ではなく高雄から帰ってきました!

高雄から新千歳へのCI134便はA330という機材で運航されています。今回たまたま新千歳から台北までA330のビジネスクラスに乗ったので、エコノミークラスとビジネスクラスの両方乗ったことになります。

【ビジネスクラス搭乗記】チャイナエアライン(CI131便)で新千歳から台北へ(2018年9月台湾旅行記その6)

2018.10.09

ということで搭乗レポートをお送りします。

【搭乗記】チャイナエアライン(CI134便)で高雄から新千歳へ(2018年9月台湾旅行記その7)

CI134便の使用機材

高雄空港ではいい写真が撮れなかったので、新千歳空港で撮影したCI131便の写真を流用します。

▲A330の外観

CI134便の機内へ

座席配列

▲配列は2-4-2の横8列、後方は少し狭くなるので2-3-2になります。

▲窓側の2列席

▲真ん中の4列席

▲後方の真ん中3列席

▲クッションやヘッドレストに熊本県の『くまもん』と台湾の『喔熊(オーション)』高雄の『高雄熊(ガオションション)』が描かれています。この3匹のクマたちが共同で観光大使をやっているそうです。

座席周り

▲前の座席との間隔はこんな感じ。決して広くはないですが窮屈な感じは全くなかったです。

▲個人モニターと小物入れスペース。

▲モニターの左側には鏡、どんな時に使うんだろう…。

▲肘掛け部分にコントローラーがあります。

▲機内誌とヘッドホン。

機内食

安定飛行に入ると機内食が出ます。

『ビーフ』か『チキン』から選べ、チキンを選びました。

▲お供は台湾ビール。

▲お手拭きにも三匹のクマたちが。左上のキャベツが美味しかったです。

▲エコノミークラスでも十分美味しい機内食でした。

まとめ

ということでCI134便エコノミークラスの搭乗レビューでした。

今回の旅でA330のエコノミークラスとビジネスクラスの両方に乗りましたが、正直4時間程度のフライト時間であればエコノミークラスで十分かなという感想でした。

【ビジネスクラス搭乗記】チャイナエアライン(CI131便)で新千歳から台北へ(2018年9月台湾旅行記その6)

2018.10.09

今回の旅行では高雄の観光時間が少なかったので、ぜひまたチャイナエアラインで台湾へ行きたいと思います。

台湾旅行に行きたい人におすすめの本

この記事はこちらのアプリを使って書きました

するぷろ X for WordPress & MT

1,600円
(2018.10.10時点)
posted with ポチレバ