【台北夜市散策】地元で人気のローカル夜市!『遼寧街夜市』で台湾グルメを満喫!(2018年9月台湾旅行記その15)

スポンサーリンク

今日もたぶろぐ(@sawa_tablog)をお読み頂きありがとうございます。

さわ
台湾旅行で絶対外せないのが夜市散策です!今回もいくつか夜市を回ってきたのでそれぞれご紹介していこうと思います。

台湾で夜市と言えば、ガイドブックにも必ず掲載されている最大級の夜市『士林夜市』や様々なグルメの名店が揃っている『饒河街夜市』などが有名ですが、台北市内には他にも20以上の夜市があって観光客だけでなく地元の人からも人気になっています。

今回は初日に宿泊した『グリーンワールド建北』から歩いて10分ほどの場所にある『遼寧街夜市』をご紹介します。

ガイドブックでも大きくは取り上げられていない夜市ですが、台湾の名物料理『魯肉飯(ルーローハン)』で受賞歴もあるお店や台湾の代表的なデザート『豆花(トウファ)』の名店などがある夜市です。

早速ご紹介していきます。

【台北夜市散策】地元で人気のローカル夜市!『遼寧街夜市』で台湾フードを満喫!(2018年9月台湾旅行記その15)

『遼寧街夜市』の場所

MRTで行く場合の最寄駅は南京復興駅になります。駅からは歩いて5〜10分程です。

魯肉飯(ルーローハン)の名店「冇有有麵擔」

夜市に着いたらまずは全体感を見るために夜市を往復。

遼寧街夜市はそこまで規模の大きい夜市ではないので10分もあれば全体を見て回ることができます。

で、まず入ったお店が「冇有有麵擔」

台湾名物の「魯肉飯(ルーローハン)」が有名なお店で、2007年には台湾で受賞歴もある名店です。

▲なんて書いているかはわからないけど、受賞歴があることを猛アピールしている感じのする入口

▲片言の日本語を陽気に話す店員に促され中へ。

▲メニューはこんな感じ。

とりあえず、魯肉飯とビールを注文です。

▲台湾ビールと魯肉飯(大)

台湾初日の夜からこの組み合わせを楽しむことができて大満足です。

▲少し物足りなかったので排骨肉を追加注文です。

甘辛いタレの味付けでビールが進むこと進むこと!

豆花(トウファ)の人気店「紅心粉圓」

魯肉飯・排骨肉・台湾ビールを満喫した後は〆のデザートを食べに約50年の歴史がある豆花の人気店「紅心粉圓」へ。

▲お店の外観。観光客だけでなく地元の方にも人気のお店で夜21時過ぎでもずっと混雑していました。

メニューは三種選ぶと40元/四種選ぶと50元といった感じです。

▲白玉団子や小豆・ピーナッツなどから選びます。

▲人気の組み合わせをまとめた日本語のメニューもあるので、注文の仕方に困っても大丈夫。番号を言うだけで作ってくれます。

▲僕が注文したのは、メニューの1番 花生+豆花+粉圓の組み合わせです。お店の名前にも入っている粉圓とはタピオカのことです。

▲豆腐プリンの豆花は甘すぎず、シロップのほのかな甘みが程よくて男性でも食べやすいです。

夜でも30度近く暑い台湾の夜に最高のデザートでした!

他にも様々なお店が

『遼寧街夜市』は10分あれば往復できてしまうほどのローカル夜市ですが、地元民にも人気なだけあって他にも色々なお店があります。

▲『遼寧街夜市』の全体感。

▲比較的こじんまりとした夜市の中で一際目立つ明るいお店『鵝肉城活海鮮』。鵝肉とはガチョウのことで、ガチョウと海鮮を楽しむことができるお店です。

▲店頭には客引きに精を出すおじさんが。

今回は行かなかったですが、あとから調べてみると結構な有名店だったようなので次回行く機会があれば寄ってみようと思います。

まとめ

ということで『遼寧街夜市』をご紹介しました。

台湾旅行の1日目、宿泊していたホテル『グリーンワールド建北』に到着したのが21時過ぎで、この時間から気軽に行ける夜市があるのか心配でしたがホテルから割と近い場所に『遼寧街夜市』があって良かったです。

魯肉飯・排骨肉・台湾ビール、そして豆花と台湾グルメを満喫できるローカル夜市。大きな観光夜市にはない魅力があるので、台湾に行った際はぜひ行ってみてください!

台湾旅行に行きたい人にオススメの本

この記事はこちらのアプリを使って書きました。

するぷろ X for WordPress & MT

1,600円
(2018.10.23時点)
posted with ポチレバ